気持ちの良い住まい選び

気持ちの良い住まい選び

毎日を過ごす空間だから、住まい選びはちょっとこだわって、リラックスできる物件を見つけたいものです。
1年だけ住む予定で借りるアパートでも、家賃の安さだけで選んでしまうと休日にゆっくりと休めず、悲しい1年になってしまうかも…。
部屋の数やリビングの広さもこだわりがあるかもしれませんが、もっと大切なのは、自分がリラックスできる空間があるかどうかです。
仕事から帰ってきた後の夜の時間や、久々の休日はのんびりと過ごしたいものです。
自宅はエネルギーを補給する場所だから、部屋の雰囲気だけはゆずらずに気に入った住まいを見つけましょう。
休日の午後のティータイムを想像してみましょう。
また、具合が悪くて休んでいるときには静かな環境が何より大事。
住まい探しのときには、勢いで契約してしまうのではなく、休める空間をじっくりと見つけましょう。
部屋の雰囲気が好みにあっているかどうかに加えて、下見の時にチェックしたいのがアレンジの可能性です。
下見のときには家具もカーテンも何にもないので、ガランとして見えますね。
そこをどうアレンジできるのか、ということです。
カーテンの色やソファー、テーブルを工夫するだけでも、見違えるほどかわいいお部屋に変身します。
そこに間接照明や壁かけなどを加えると、カフェのような空間になったりもします。
問題なのは、アレンジのしようがない場合がある、ということです。
特に、日当たりの悪さなどは問題になります。
部屋が暗いと全体の雰囲気に影響してしまいます。
ここのところは下見の時にしっかりと押さえておきたいポイントですね。
もちろん、ずっと住む予定のマイホームを選ぶなら、条件はもっと厳しめにしましょう。
日当たりを始め、立地条件、近所にどんな施設があるのか、騒音はどうか、お隣さんはどんな人かもチェックしましょう。
地域によっては団地内のイベントや活動が多かったり、班長の仕事が結構重かったりすることもあります。
そんなところもあらかじめチェックしておくといいかもしれません。

Copyright (C)2015気持ちの良い住まい選び.All rights reserved.